SF サスペンス

東京デッドクルージング

東京デッドクルージング

東京デッドクルージング あらすじ

スラム化が進む2015年、東京。都内のダウンタウンで、都市ゲリラの精鋭部隊を形成する民兵のリーダー晃は、中国人が多く集うクラブを襲撃し、偽札作りの名手と謳われる劉をさらった。一方、晃らのクラブ襲撃に巻き込まれて死んだヒギョンの姉シン・ファランは、妹の復讐を誓い、事件関係者を独自に追い始める。さらに中国の兵隊も加わり、三つ巴の闘いは思わぬ方向へ。

東京デッドクルージング レビュー・感想

著者3作品目。今作では移民同士の三つ巴バトル。相変わらずの暴力描写の連続だが、上手く最後にまとまるため安心して読める。移民が羽振り良く日本人がスラムに落ちる未来はさもありなん、と言った感じ。

[star rating="4"]