サスペンス 文学

教団X

教団X

教団X あらすじ

謎のカルト教団と革命の予感。自分の元から去った女性は、公安から身を隠すオカルト教団の中へ消えた。絶対的な悪の教祖と4人の男女の運命が絡まり合い、やがて教団は暴走し、この国を根幹から揺さぶり始める。神とは何か。運命とは何か。絶対的な闇とは、光とは何か。著者最長にして圧倒的最高傑作。

教団X レビュー・感想

新興宗教をテーマにした話題作?SEX教団と妙な説法をするじいさんは面白い。なぜ教祖と言うものはカリスマ性があるのか?もう少し文章で伝わると更にリアリティが増すので読者としてはぜひ知りたいと思った。しかし、全編を通して雰囲気は抜群!アンチネトウヨ+保守政治批判が色々な登場人物の口から語られ、著者の主張は分かるが、各キャラの差異と新興宗教である必要がない気もするが…。