SF

All You Need Is Kill

All You Need Is Kill

All You Need Is Kill あらすじ

「出撃なんて、実力試験みたいなもんじゃない?」敵弾が体を貫いた瞬間、キリヤ・ケイジは出撃前日に戻っていた。トーキョーのはるか南方、コトイウシと呼ばれる島の激戦区。寄せ集め部隊は敗北必至の激戦を繰り返す。出撃。戦死。出撃。戦死―死すら日常になる毎日。ループが百五十八回を数えたとき、煙たなびく戦場でケイジはひとりの女性と再会する…。期待の新鋭が放つ、切なく不思議なSFアクション。はたして、絶望的な戦況を覆し、まだ見ぬ明日へ脱出することはできるのか。

All You Need Is Kill レビュー・感想

事前情報全くなしで映画を観てここ最近のSFの中でダントツの面白さだった。のでその原作。元はライトノベルなんだね。戦場で死んでその記憶を継承しつつ蘇り、徐々に「どうすれば人類が勝利して死なないのか?」と考えて行動するのは、ゲームの攻略を確立する過程そのままで面白い。個人的には映画版の方が好みだけど、サクッと読めました。