社会・政治

最貧困女子

最貧困女子

最貧困女子 あらすじ

働く単身女性の3分の1が年収114万円未満。中でも10~20代女性を特に「貧困女子」と呼んでいる。しかし、さらに目も当てられないような地獄でもがき苦しむ女性たちがいる。それが、家族・地域・制度(社会保障制度)という三つの縁をなくし、セックスワーク(売春や性風俗)で日銭を稼ぐしかない「最貧困女子」だ。可視化されにくい彼女らの抱えた苦しみや痛みを、最底辺フィールドワーカーが活写、問題をえぐり出す!

最貧困女子 レビュー・感想

家族・地域・制度の3つからこぼれ落ち性風俗に従事せざるを得ない女子達を追ったルポ。彼女らの親からの虐待・社会からの孤立はまさに地獄。誰も手を差し伸べない状況に著者は警鐘と提案をしているが、救いがない…