社会・政治

国家の罠―外務省のラスプーチンと呼ばれて

国家の罠―外務省のラスプーチンと呼ばれて

国家の罠―外務省のラスプーチンと呼ばれて あらすじ

ロシア外交、北方領土をめぐるスキャンダルとして政官界を震撼させた「鈴木宗男事件」。その“断罪”の背後では、国家の大規模な路線転換が絶対矛盾を抱えながら進んでいた――。外務省きっての情報のプロとして対ロ交渉の最前線を支えていた著者が、逮捕後の検察との息詰まる応酬を再現して「国策捜査」の真相を明かす。執筆活動を続けることの新たな決意を記す文庫版あとがきを加え刊行!

国家の罠―外務省のラスプーチンと呼ばれて レビュー・感想

伊藤 潤二の漫画を読んで、未読だったため購入。鈴木宗男事件を外務官僚の目線から描く。
非常に冷静に当時の情勢を分析、独白されていてNEWSだけでは分からなかった舞台裏が興味深い。
当時「ムネオハウス」と言うMAD音楽で遊んでいた自分としては驚く事ばかり。名著だと思った。

[star rating="4.5"]