時代小説

幕末

幕末

幕末 あらすじ

歴史はときに血を欲す。暗殺者も凶刃に倒れた死骸も、共に我々の歴史的遺産である。幕末の十二の暗殺事件を見直した連作歴史小説

幕末 レビュー・感想

初の司馬遼太郎の本。元から好きだった幕末(と言うか暗殺)がテーマのせいか、非常に読みやすい。さも目の前の出来事かと思うほど、心理描写が細かく、場面が都度想像できてエンターテイメントとして楽しめた。