ノンフィクション 紀行文・旅行記

深夜特急〈1〉香港・マカオ

深夜特急〈1〉香港・マカオ

深夜特急〈1〉香港・マカオ あらすじ

インドのデリーからイギリスのロンドンまで、乗合いバスで行く――。ある日そう思い立った26歳の〈私〉は、仕事をすべて投げ出して旅に出た。途中立ち寄った香港では、街の熱気に酔い痴れて、思わぬ長居をしてしまう。マカオでは「大小(タイスウ)」というサイコロ賭博に魅せられ、あわや……。一年以上にわたるユーラシア放浪が、いま始まった。いざ、遠路2万キロ彼方のロンドンへ!

深夜特急〈1〉香港・マカオ レビュー・感想

インドからロンドンまで、陸路の乗合いバスで行く事にした著者のノンフィクション旅行記冒険。年齢に関係なく狭苦しい日本を一度離れ、大きな海外へ飛び出したくなる異国の魅力、マカオでの「大小」賭博の描写が文体から感じられて素晴らしい!バックパッカー的な海外旅行一人旅をしたいと考えている人は、現地の生々しい雰囲気を感じ取れるかも。けれど、あとがきは「海外に飛び出さないのはダメだ!」と言う上から目線全開なご高説を仰っており、個人的には完全に蛇足かと。