ホラー ミステリー・推理小説

殺戮にいたる病

殺戮にいたる病

殺戮にいたる病 あらすじ

永遠の愛をつかみたいと男は願った―。東京の繁華街で次々と猟奇的殺人を重ねるサイコ・キラーが出現した。犯人の名前は、蒲生稔!くり返される凌辱の果ての惨殺。冒頭から身も凍るラストシーンまで恐るべき殺人者の行動と魂の軌跡をたどり、とらえようのない時代の悪夢と闇を鮮烈無比に抉る衝撃のホラー。

殺戮にいたる病 レビュー・感想

叙述トリックの金字塔との事で慎重に読み進めるも最後でやられた。しかし、内容はサイコホラーでグロテスクな割りに全体的に起伏がなくて平坦と言うか…。個人的にはあまりグッと来る作品ではなかった。期待しすぎたか。