ミステリー・推理小説

乱鴉の島

乱鴉の島

乱鴉の島 あらすじ

犯罪心理学者の火村英生は、友人の有栖川有栖と旅に出て、手違いで目的地と違う島に送られる。人気もなく、無数の鴉が舞い飛ぶ暗鬱なその島に隠棲する、高名な老詩人。彼の別荘に集まりくる謎めいた人々。島を覆う死の気配。不可思議な連続殺人。孤島という異界に潜む恐るべき「魔」に、火村の精緻なロジックとアクロバティックな推理が迫る。本格ミステリの醍醐味溢れる力作長編。

乱鴉の島 レビュー・感想

ドラマ化もされたらしい有栖のミステリー作品。陸の孤島で起こる連続殺人と犯人探しは楽しいが、ちとラストが唐突過ぎる。犯人その人じゃなくてもよくないか?クローンのテーマとか本筋以外の怪しさは魅力的。