サスペンス ミステリー・推理小説

ジョーカー・ゲーム

ジョーカー・ゲーム

ジョーカー・ゲーム あらすじ

五感と頭脳を極限まで駆使した、 命を賭けた「ゲーム」に生き残れ――。 異能の精鋭たちによる、究極の"騙し合い"! 結城中佐の発案で陸軍内に極秘裏に設立されたスパイ養成学校“D機関"。「死ぬな、殺すな、とらわれるな」。この戒律を若き精鋭達に叩き込み、軍隊組織の信条を真っ向から否定する“D機関"の存在は、当然、猛反発を招いた。だが、頭脳明晰、実行力でも群を抜く結城は、魔術師の如き手さばきで諜報戦の成果を上げてゆく......。 東京、横浜、上海、ロンドンで繰り広げられる、究極のスパイ・ミステリー。

ジョーカー・ゲーム レビュー・感想

第2次大戦戦時中の日本のスパイ機関とその隊員たちの軌跡。
各章が独立した短編となっていてサクサク読める。
頭の中で情景が思い浮かぶ痛快なスパイ小説。
ミステリーとしても非常によくまとまっている。こりゃ面白い。