文学

ハケンアニメ!

ハケンアニメ!

ハケンアニメ! あらすじ

監督が消えた! ? 伝説の天才アニメ監督・王子千晴が、9年ぶりに挑む『運命戦線リデルライト』。 プロデューサーの有科香屋子が渾身の願いを込めて口説いた作品だ。 同じクールには、期待の新人監督・斎藤瞳と次々にヒットを飛ばすプロデューサー・行城理が組む『サウンドバック 奏の石』もオンエアされる。 ハケンをとるのは、はたしてどっち? そこに絡むのはネットで話題のアニメーター・並澤和奈、聖地巡礼で観光の活性化を期待する公務員・宗森周平……。 ふたつの番組を巡り、誰かの熱意が、各人の思惑が、次から次へと謎を呼び新たな事件を起こす! 熱血お仕事小説。

ハケンアニメ! レビュー・感想

一部ネット上で毎回話題となる"今季の覇権アニメ"についての小説。アニメ業界は労働環境がブラックだと昨今では叩かれがちだが、夢を売る仕事だけに面白みや、やりがいも凄そうな印象。監督、制作進行、プロデューサー、公務員、地元アニメーター等をキャラとして登場させ、現在のアニメ業界を取り巻く状況を繊細に描写している。"相手を信頼出来るかどうか"がお話の核となっているが、どの仕事でもそこは重要だよなぁ。表紙イラストが「CLAMP」だったのもびっくり。