コンピュータ・IT

ロボット革命 なぜグーグルとアマゾンが投資するのか

ロボット革命 なぜグーグルとアマゾンが投資するのか

ロボット革命 なぜグーグルとアマゾンが投資するのか あらすじ

福島第一原発事故において投入されたのは、日本のロボットではなく、アメリカ製だった。ソニーのアイボやホンダのアシモなど、世界トップとされていた日本のロボット技術は、なぜ役に立たなかったのか? 一方、米国ではグーグルが自動運転車の実証実験を進め、アマゾンがドローンと呼ばれる無人機での配達を目指すなど、ロボットに対する巨額の投資が活発化している。日本でも、安倍首相は「ロボット革命」を経済成長戦略の目玉としている。 人間はロボットをどう受け容()れればよいのか? 日本のロボット開発はどうあるべきか? 自らロボット開発に携わる著者が考察する、ロボット社会の今!

ロボット革命 なぜグーグルとアマゾンが投資するのか レビュー・感想

日本ロボット技術凄い!とよく持ち上げられている話ではなく、イノベーションを起こすにはビジネス目線でロボットとの市民の生活を想定すべき、そしてまず始めて検証することが大事だと著者が論理的に解説。むしろ日本のロボットは技術は世界的に見ても上位クラスの筈なのに、お役所がガチガチに規制を固めていたり、私たち一人一人の市民意識の差から導入が進まないと言うい危機感も感じる。今後の未来ではロボットとともに生活をしていく事が当たり前になっていく可能性が高いので、私も含めた一人一人の"意識の壁"を取り払っていく事が重要だろうなぁ。