ハードボイルド ミステリー・推理小説

ユダヤ警官同盟〈上〉

ユダヤ警官同盟〈上〉

ユダヤ警官同盟〈上〉 あらすじ

安ホテルでヤク中が殺された。傍らにチェス盤。後頭部に一発。プロか。時は2007年、アラスカ・シトカ特別区。流浪のユダヤ人が築いたその地は2ヶ月後に米国への返還を控え、警察もやる気がない。だが、酒浸りの日々を送る殺人課刑事ランツマンはチェス盤の謎に興味を引かれ、捜査を開始する――。ピューリッツァー賞受賞作家による刑事たちのハードボイルド・ワンダーランド、開幕!

ユダヤ警官同盟〈上〉 レビュー・感想

架空のアラスカ特区のユダヤ人都市を舞台にした警官もの。
主人公が酒浸りだが、飄々としていて好い感じ。
ユダヤ的な歴史が理解できないのでちょい難解だが、SFと思えば案外楽しめる。