ハードボイルド ミステリー・推理小説

ユダヤ警官同盟〈下〉

ユダヤ警官同盟〈下〉

ユダヤ警官同盟〈下〉 あらすじ

マフィアが巣食い、宗教指導者が影響力を揮うシトカの街を、深い傷を負った刑事の魂が彷徨う。殺された若者はチェスの天才だった。神童。奇跡の子。ユダヤ人の間で囁かれる救世主伝説。警察ばかりか、幾多の勢力が事件を葬り去ろうとするなか、相棒ベルコと暴走気味に捜査を続けるランツマンはある事実に気づくが―。故郷喪失者の挽歌が響くハードボイルド・ミステリ大作、佳境へ。2008年度のヒューゴー賞、ネビュラ賞、ローカス賞というSFの主要三賞を制覇。エドガー賞長篇賞、ハメット賞最終候補。

ユダヤ警官同盟〈下〉 レビュー・感想

後半のユダヤ人地区への侵入。境界線の話とか本当だろうか?
単なる警官もの作品ではなく、随所にユダヤ的な話が差し込まれていて、良いスパイスとなっている。
やはりキャラが立っている作品。