ハードボイルド

悪果

悪果

悪果 あらすじ

大阪府警今里署のマル暴担当刑事・堀内は、淇道会が賭場を開くという情報を拇み、開帳日当日、相棒の伊達らとともに現場に突入し、27名を現行犯逮捕した。取調べから明らかになった金の流れをネタに、業界誌編集長・坂辺を使って捕まった客を強請り始める。だが直後に坂辺が車にはねられ死亡。堀内の周辺には見知らぬヤクザがうろつき始める…。黒川博行のハードボイルドが結実した、警察小説の最高傑作。

悪果 レビュー・感想

大阪のマル暴刑事達がヤクザさながら個人的なシノギに精を出しで裏金作りで財産を作ることにに励む。内容的に大きなどんでん返しはないが前半の賭場を押さえる捜査部分の緻密さが凄い。ここまで真面目に仕事をするのもお金と愛人のためとは言え、それなら真面目に刑事やればよいのに…とちょっと笑ってしまう。欲望に忠実すぎる人間のサガとは言え何とも寂しい。相棒との関西弁の絡みは確かに軽快だが、最初から最後まで性欲・食欲・金銭欲の目白押し。案外等身大の刑事の姿なのかも?と勘違いしてしまう面白さ。個人的にはちょっと中だるみして読みづらい場面も多かったが、おおむね楽しめた。