伝奇小説

竜の柩(1)

竜の柩(1)

竜の柩(1) あらすじ

龍神伝説を追うために津軽、信濃、出雲と列島縦断して調査を進める九鬼虹人たちアクト・ナインのメンバー。『古事記』『日本書紀』や風土記に残る寓話や神話を読み解く九鬼は、独自の論理的考察で、仮説を実証し真実に辿り着く。龍=ロケット、神=エイリアン。著者にしか辿り着けない圧倒的スケールの傑作。

竜の柩(1) レビュー・感想

壮大な伝奇小説。古事記・天津神・国津神・UFO・龍・謎の組織等々、オカルト好きなら相当楽しめる。解説が多く、突拍子もないお話が多いがケレン味があってメガテンファンな自分は大好きな感じ。2巻も期待大。