伝奇小説

妖(あやかし)の華

妖(あやかし)の華

妖(あやかし)の華 あらすじ

ヒモのヨシキは、ヤクザの恋人に手を出して半殺しにあうところを、妖艶な女性に助られる。同じころ、池袋では獣牙の跡が残る、完全に失血した惨殺体が発見された。その手口は、3年前の暴力団組長連続殺人と酷似していた。事件に関わったとされる女の正体とは?「姫川」シリーズの原点ともなる伝奇小説が復刊。第2回ムー伝奇ノベルス大賞優秀賞受賞作。

妖(あやかし)の華 レビュー・感想

”ヒモ”の主人公が妖しい美貌の女性に助けられたが、何と彼女は…!と都市+ホラー+エログロ+血族でこれぞエンタメ伝奇小説!な感じで楽しめた。
途中までの盛り上がりは個人的には良い雰囲気だったのだが、ラストの投げっぱなしはないでしょ、とびっくり。
解説でも言及されていたがかなり荒削りで、突っ込み所も多々アリ。軽く読むには最適だった。

[star rating="2"]