ノンフィクション 事件・犯罪

怒羅権(Dragon)―新宿歌舞伎町マフィア最新ファイル

怒羅権(Dragon)―新宿歌舞伎町マフィア最新ファイル

怒羅権(Dragon)―新宿歌舞伎町マフィア最新ファイル あらすじ

中国残留孤児二世、三世を中心に組織された愚連隊、「怒羅権」。暴力団でも暴走族でもない彼らは、日本の裏社会に深く静かに根を下ろしている。だが、その素顔は誰も知らない―。歌舞伎町の闇に迷いこんだ著者が、「なしくずしの死」を生きるアウトローたちの野心と挫折を描いた渾身のノワール・ノンフィクション。

怒羅権(Dragon)―新宿歌舞伎町マフィア最新ファイル レビュー・感想

関東連合が話題になっていた時期に購入。最近ニュースでも取り上げられる中国残留孤児が集った不良グループ怒羅権について著者が潜入取材を試みている。TV等のメディアで幹部が逮捕される様子が報道されていたが、実態はどうなの?と言う疑問に読者目線で応えてくれる。確かに歌舞伎町は変わっているが刺激的な街だ。